トヨタ蔵経博物館

トヨタKurヶ池1ミュージアム

この博物館の大きな成果は、 トヨタコーポレーション 彼の作品を私たちと共有する 豊田市、愛知。

トヨタ鞍ヶ池記念館は、トヨタ1974百万台目の自動車製造を記念して9月に10に建設されました。 トヨタ自動車は「創立2期」を迎え、現在いくつかの構造改革に取り組んでいます。 この機会を利用して、展示場は「トヨタ開設展示場」に改装され、トヨタ自動車の創業者である豊田喜一郎の住居は、昔のことを思い出すためにこの場所の一角に再建されました。

メモリアルホールでは、訪問者がトヨタのチャレンジ精神とトヨタグループの心を体験できます。 自動車の紡績機と織機から開発されたトヨタの起源は、ショールームで見ることができます。

日本のブランドトヨタは、豊田喜一郎によって1937で設立されました。 しかし、豊田紡織は、喜一郎の父親である豊田佐吉によって設立されたとき、トヨタの話は1919に遡ります。 豊田佐吉は、日本初の電動紡績機の発明を担当しました。

1924で息子の助けを借りて、豊田佐吉は全自動紡績機を製造しました。 2年後、ブランド名は豊田自動織機製作所に変更されました。
1933では、日本政府からのインセンティブを受けて、豊田喜一郎が自動車部門を設立し、自動紡績機の特許権の売却資金として使用します。 1936トヨタモデルAAで生産が開始され、1年後にトヨタ自動車会社が設立されました。

豊田モデルAAセダンは、9月に1936に登場したトヨタからの最初の乗用車でした。 モデルは当時の敏a性のスタイルを採用しました。 大衆や先見の明のために車を作りたいという喜一郎の願望は、このスタイルから理解できます。

第二次世界大戦の始まりから、トヨタは日本軍用の軍用トラックの生産を開始し、戦争の終わりにのみ自動車生産に戻りました。 1947 Toyota Model SAでこれを開始しました。

トヨペットクラウンモデルRSは、日本で最初に製造された完全国産車で、1955でデビューし、喜一郎の夢を実現し、純国産車の時代を切り開きました。

1957では、トヨタはトヨタクラウンを使用してアメリカ市場に参入し、ヨーロッパ市場では1963に参入します。

1966では、トヨタカローラの第1世代がリリースされました。 このモデルでは、トヨタは建設品質の良い評判を獲得し始め、アメリカ市場での販売も好調に推移しています。

1980でトヨタは生産された30ユニットに到達し、1989で高級ブランドLexusの新しいブランドを立ち上げました。

90の10年の始まりから、トヨタはそのモデルにさらに多くのモデルと高級車を追加し始めました。

1997では、トヨタがハイブリッド車を量産する最初のブランド、トヨタプリウスです。 このモデルは、ガソリンエンジンとバッテリーを使用します。 トヨタプリウスは、特に米国で最も売れているハイブリッド車であり、大きな販売ヒットとなっています。 この車は、燃料消費量が非常に少なく、大気への排出が少ない。

1999で、トヨタは100単位以上の生産台数に達します。

エントリー: 無料で
時間: 火曜日から金曜日:9:30から17:00h。

  • トヨタKurヶ池2ミュージアム
  • トヨタKurヶ池3ミュージアム
  • トヨタKurヶ池4ミュージアム
  • トヨタKurヶ池5ミュージアム
  • トヨタKurヶ池6ミュージアム
  • トヨタKurヶ池7ミュージアム
  • トヨタKurヶ池8ミュージアム
  • トヨタKurヶ池9ミュージアム
  • トヨタKurヶ池10ミュージアム
  • トヨタKurヶ池11ミュージアム
  • トヨタKurヶ池12ミュージアム
  • トヨタKurヶ池13ミュージアム
  • トヨタKurヶ池14ミュージアム
  • トヨタKurヶ池15ミュージアム
  • トヨタKurヶ池16ミュージアム

終了: 愛知、トヨタ、池田町南250

コメントをどうぞ:

あなたのケイがあなたを待っています
ここに広告を掲載
ウェブサイトガイド
会社登録-ギア運河ジャパオ
クラブもくひょう新聞
ホステルブラガン
分類されたジャップ