追加の時間

時間外1

1日に8時間または週に40時間以上働く従業員には、残業が認められます。

表の値を参照してください

通常時間(1日あたりの8時間または1週間あたりの40時間)

ゼロ
ホラエクストラ25%
夜間(22:00から5:00)25%
休業日(会社カレンダー)25%
追加時間と夜間25%+ 25%
休業日(会社カレンダー)および夜間の作業25%+ 25%
休業日の仕事(法律により決定)35%
休業日(法律で定められています)と夜間の作業35%+ 25%

日本の労働法では、法律で定められた認可上限は月4日です(ほてい)、私は曜日の定義がありません、これらの4日が週末または平日になることができることを意味します。 そして、従業員がこれらの4日のいずれかに勤務している場合、会社は35%の追加(超過勤務)を支払う必要があります。 また、会社によって決定された認可上限(会社カレンダ)があります。 笑い.

会社が1日あたり8時間未満の勤務、すなわち1日あたり4時間の日次スケジュールを持ち、さらに1日あたり8時間の限度まで、さらに2または4時間働く必要がある場合、会社は義務を負いません旅程が1日あたり8時間を超える場合に限り、残業代として残業代を支払うこと。

「上3の考え追加の時間

  1. 平田ディエゴ 言った:

    毎週土曜日に働いていることを知りたかったのですが、残業代と通常の給料はありません。

    1. CJ日本ガイド 言った:

      私はあなたが週または月に何時間働いているかのようなより多くの詳細を知る必要があるので、私は保健省(労働省)に行くほうがいいです、私が日本語を話さなかったら、あなたの街でハローワークに尋ねてハローワーク

  2. ベアトリス・サユリ 言った:

    私はここfukui murataに疑問を抱いていますが、それが通常の9 2時間である前に、teidiが8時間と3時間の追加であったのでしょうか。

コメントをどうぞ:

あなたのケイがあなたを待っています
ここに広告を掲載
ウェブサイトガイド
会社登録-ギア運河ジャパオ
クラブもくひょう新聞
ホステルブラガン
分類されたジャップ