妊娠 - 妊娠中の女性の労働権と利益

妊娠-妊娠中の女性の労働権と利益1

妊娠中、女性は労働法によって保護され、いくつかの給付を受ける権利があります。 妊娠は、従業員を解雇する理由ではありません(男女平等雇用機会法第9号)。 したがって、雇用者はできません:

.

  • 却下する
  • 特定の期間雇用されている人の契約を更新しないでください。
  • 事前に指定された契約更新フリークエンシーキャップを引き下げます。
  • 雇用形態を効果的なものから一時的なものに変更します。
  • 雇用契約の内容を変更して、正社員を無効にすることはできません。
  • 労働者に辞任を強制する。
  • 従業員が電話をかけるのを待って家にいるように命じることで、従業員を不利な状態のままにします。
  • 専門的な活動を降格します。
  • 従業員の不利益に応じて、給与を減らすか、ボーナスの計算などを行います。
  • 従業員の配置に不利な変更を加えます。
  • 従業員が家にいるように命令する。
妊娠中の権利:
  • 夜は働かないでください。
  • 休日には働かないでください。
  • 子供が3歳になるまで残業しないでください。
  • 危険な活動を行わないでください。
  • 重い荷物を処理しないでください。
  • 労働者が要求した場合は、労働者を軽作業に移します。
  • 23妊娠週まで4週間に1回サービスを欠席する。
  • 24weekから35week妊娠まで2週間に1回サービスを欠席する。
  • 週に1回、36weekから出産休暇まで休職すること(98日間は次のとおりです:配達の42日後と56日後)。

この法律の遵守に関して質問や問題がある場合は、妊娠中の女性は労働基準監督署(Roodoo Kijun Kantokusho)のいずれかを探す必要があります。 各州にはいくつかの部署がありますが、通訳者がいないため、日本語を習得するか、翻訳を手伝ってくれる人が同行することが重要です。

妊娠中の女性が受け取ることができる利点のいくつか:
  • 出産 (出産育児一時金= shussanいちじきん)。
  • マタニティエイド (出産手当金 - shusan teate kin)。
  • 4月からの01 2014からの法律に従って、失業保険による1歳未満の子の世話をする育児休暇(育児休業 - 生二きゅうよう)。
  • 01からの法律によると、Shakai HokenによるLicense-Maternity(産前産後休業= sanzensango kyugyou)は、4月からです。
  • XNUMX歳未満の子供を育てる育児休暇 (育児休業-ikuji kyugyou)by Un雇用Insurance-(IKUMEN-説明ブックレット)。
  • 最初の息子のための無料のナースサービス、最初の子供の誕生時に、看護師は指導のために両親を訪問します。 この権利を持つためには、母親は出生登録カード(しゅせいれんらくひょう)を保健所(ほけんじょう)に送付しなければなりません。 13が完成するまで、新生児は病院で3回無料の健康相談を受けることができます。

(すなわちしゃかいほけん e こくみんけんこう.

妊娠中の女性のための禁止された活動:
  • 地滑りの危険がある場所で作業してください。
  • 機械エンジンの清掃、検査、修理
  • 蒸気プレスまたは圧縮空気プレスを使用した金属部品の製造
  • 建設資材の積み込みや船の積み込みのための機械の操作。
  • 私はとても暑いところと寒いところで働いています。
  • 5メートル以上の深さの穴での活動。
  • 高さ5メートル以上の場所で作業し、転倒の危険があります。
  • 水銀、鉛、クロム、ヒ素などの化学的および有毒な物質を含むあらゆる活動。
  • 空気圧が異常な作業環境。

コメントをどうぞ:

あなたのケイがあなたを待っています
ここに広告を掲載
ウェブサイトガイド
会社登録-ギア運河ジャパオ
クラブもくひょう新聞
ホステルブラガン
分類されたジャップ