Kei Shaken-必須調査

振とうは、日本の法律で義務付けられている、日本を走行するすべての車に対して義務付けられている検査です。 2年と最初の調査ははるかに安価です(半額未満)。

多くの人が車のSHAKENをするために他の人に代価を払うことになります。実際、それほど高価ではありません。日本人のアテンダントが支援するためにそこに質問があるなら、あなたは自分でSHAKENをすることができます。

Shakenでチェックされるアイテムは
  • ホイールアライメント
  • ブレーキ操作
  • 油流出
  • ガス汚染レベル
  • ホーン
  • ランプ機能:アラート、矢印、ブレーキ、リバース、ヘッドライト、プレート、フロントガラスワイパー、ウォータージェット
  • パネルランプ機能:パーキングブレーキと運転席ベルト

調査は、車の所有者自身または交換者によって行われます。

有効期限が切れたシェイクで車を使用しないことをお勧めします、これは罰金が発生します。

  • Kei Shaken-必須調査1
  • Kei Shaken-必須調査2
  • Kei Shaken-必須調査3
必要書類
  • 現在の強制保険契約
  • 車の登録-けんけんしょう
  • 最後にスタンプされた自動車税の領収書
  • Tenken-車のサービスとオーバーホールの証明

※検査を行う自動車会社を探してください(Tenken)。

Kei Shakenの費用
  1. 税率
  2. 賠償責任保険
  3. 自動車重量税(スタンプ)
説明/値
  1. 税率、切手は国に税金と手数料を支払うために使用されます。 車両検査時に支払う必要のある印紙料は、検査証明書の発行料です。 シール費用は、車両検査が行われる場所によって異なり、通常は1.100円から1.800ienesの間です。
  2. 賠償責任保険車を所有している場合に支払わなければならない強制保険です。 それは自動車賠償責任保険であり、事故の場合、保険は他の人に生じた損害をカバーします。 保険額2年(24か月)は25.870円です。
  3. 自動車重量税(スタンプ)、車両重量税は、振動更新(車両検査)の日に支払わなければなりません。 値:
  • 12歳まで-5.000円
  • 生態系の最大年数-12円
  • 13年以上-8.200円
  • 18年以上-8.800円

SHAKENを作成するには、事前に予約する必要があります。この手順はすべて、インターネット経由でインフラストラクチャー運輸省のWebサイトで行われます。 https://www.kei-reserve.jp/smart/index.html。 しかし、あなたも自分でそれを行うことができますが、それは時間がかかるはずです。

小型車両検査(Kei Shaken)の場所を確認するには、ここをクリックしてください

フォーム

愛知県と地域のおすすめ
Kei Shaken-必須調査9

浅田自動車

テンケン3.000円。

読者へのプロモーション

疑念または予算

(ここであなたの車に問題がある場合は、特別割引が適用されます)

コメントをどうぞ:

あなたのケイがあなたを待っています
ここに広告を掲載
ウェブサイトガイド
会社登録-ギア運河ジャパオ
クラブもくひょう新聞
エドナカベレイレイラ