草月-フラワーアレンジメント

A 生け花、日本の伝統的なフラワーアレンジメントの芸術は、現在、日本人とその子孫だけでなく、世界中のすべての人々によって激しく実践されています。 日本では、 いけばな草月は、最近最も活発なものの1つと考えられており、この芸術の現代的な表現を数多くの機会に提示しています。

草月 通常、竹で作られたもののような背の高い狭い花瓶、または水と呼ばれる平らな開いた皿を使用します。花や枝は隠された剣山に固定されています。 ただし、ホール全体を埋める非常に精巧な作品など、他の形状も可能です。

草月の中心的な考えの1つは、配置には3つの強力な要素が必要であり、それぞれが特定の割合で、特定の角度で配置されるということです。 しかし、入手可能な素材を使って作業し、瞬間の精神を表現することにはかなりの自由度があります。

草月は固定されたスタイルに制限されず、自由にオリジナルの表現をすることができます。 草月いけばなは、ステージマウントとマルチサイトライディングの範囲を拡大し、美しさを提供しています。 でも、草月いけばなはいつでも、どこでも、どんな素材でも楽しめます。 草月いけばなは、ドア、リビングルーム、キッチンテーブルに置くことができます。

日本では草月流は多くの確立された学校の中で最も大きく、国際的な代表を持っています。 その原則は、個人的なスタイルの発展を刺激し、創造的で現代的な解釈を強く強調します。

草月-1フラワーアレンジメント

沿革

生け花アーティストのke使河原和風の最初の子供であるSo風は、1900で生まれ、幼い頃から生け花の授業を受け始めました。 徐々に、彼の並外れた才能が明らかになり、人々の注目を集めました。 しかし、彼は人々がオリジナリティを表現できない生け花の伝統に疑問を抱き始めたため、1927では、生け花の草月流を発見するために父親から離れました。

コメントをどうぞ:

あなたのケイがあなたを待っています
ここに広告を掲載
ウェブサイトガイド
会社登録-ギア運河ジャパオ
クラブもくひょう新聞
ホステルブラガン
分類されたジャップ