日本労働法

2020年XNUMX月公開

労働条件の規則と決定

  • 労働者が適切な生活を送ることができるように、仕事は労働者の必要な状況を満たさなければなりません。
  • 労働条件は、雇用主と労働者が決定する必要があります。
  • 雇用主は、給与や労働時間、その他の理由に関連する労働条件を自分で差別することはできません。
  • 雇用主と従業員は、契約合意、労働規制、雇用契約などの各職務を誠実に遂行する必要があります。

差別

  • 雇用主は、女性であるため、労働者の給与を男性と区別することはできません(男性と女性の平等な給与法規則)。

雇用契約

  • 雇用契約に署名するとき、雇用主は従業員の労働条件、給与、労働時間(毎日の労働時間)、残業などの労働条件に関する詳細を明示する必要があります。 この場合、賃金や労働時間に関する品目仕様に加えて、労働省(厚生労働省)が決定するその他の品目を指定する必要があります。
  • 仕様は、厚生労働省が決定したとおりに詳述する必要があります。 労働条件が仕様に準拠していない場合、労働者は雇用主との雇用契約を直ちに取り消すことができます。

重要: 仕事のために退職を余儀なくされた労働者が、退職のために、契約がキャンセルされてから14日以内に以前の住居に戻りたい場合、雇用主は引越しに必要なすべての費用を支払わなければなりません。

所定の補償の禁止

  • 雇用主は、契約期間中に辞任する補償額を契約で決定することも、契約の罰金の補償に先立って独立した金額を設定することもできません。

事前控除の禁止

  • 雇用主は、労働の前提条件として行った昇給を補償するために労働者の月給から金額を差し引くことはできません。

制限の制限

  • 労働基準法第65条の基準によれば、雇用主は、職場での事故または産前および産後により停止された日については、補償給付の最終日から30日間、労働者を解雇することはできません。 ただし、第81条の規定によれば、雇用主が退職金を支払ったり、自然災害(地震、台風など)による解雇を行ったり、事業を継続できない(破産)のやむを得ない理由により、その場合、制限されます(解雇の通知システムは適用されません)。

解雇のお知らせ

  • 雇用主が労働者を解雇することを決定した場合、少なくとも30日前に事前通知をしなければなりません。 30日前の通知を許可しない雇用主は、平均給与(解雇通知の支払い)の30日以上を支払わなければなりません。 ただし、自然災害(地震、台風など)の理由、または事業を継続できない不可避な理由(破産)、または解雇の理由が従業員の責任である場合、解雇の早期警告システムは適用されません。 。

解雇証明書

  • 解雇証明書には、仕事の期間、仕事の種類、労働者の役職または職務、給与、および解雇の理由が含まれている必要があります。 従業員が辞任し、証明書の発行が必要な場合、雇用主はすぐに証明書を発行する必要があります。
  • 雇用主は、第三者の指示対象者、国籍、信念、労働者の社会的地位、または組合運動に関連する問題と事前に話し合うことはできません。 証明書に含まれていない場合もあります。

貴重品の返却

  • 従業員が死亡した場合、辞職した場合、または解雇された場合、雇用主は労働者または支払を受ける権利を有する者の要求日から7日以内に給与を支払わなければなりません。 強制預金、保釈金、貯蓄などの貴重品はすべて返却する必要があります。また、労働者の権利の所持品に関係なく、他のオブジェクトも返却する必要があります。

給与の支払い

  • 給与は、労働者に直接、総額で(労働省が決定)現金で支払わなければなりません。 そして、家賃や食事などの賃金からの控除の一部では、労働者の過半数が代表する労働組合によって決定された特別な合意がある限り、賃金から控除することができます。
  • 給与は、ボーナス、手当などの特別な給与を除き、定義された日に月に89回以上支払わなければなりません。ただし、これらは、厚生労働省(労働省)の法律で定められた強制的な支払いではありません労働法の第XNUMX条)。

作業停止補償

  • 雇用主の状況による労働活動の停止の場合、休職が仕事となる日に休憩が与えられた場合、雇用主は平均労働者報酬の少なくとも60%に相当する活動の停止に対して補償金を支払わなければなりません。

就業日

  • 休憩時間を除き、雇用主は労働者に週40時間を超えて働くよう命令することはできません。
  • 休憩時間を除き、雇用主は労働者に8日XNUMX時間を超えて働くよう命令することはできません。

休憩と休憩

  • 雇用者は、就業日が45時間を超える場合は少なくとも6分間の休息を与え、就業日が60時間を超える場合は8分間の休息を認めなければなりません(労働基準法)。
  • 雇用主は、指定された休憩時間中に部下を雇ったり、労働者に何かを求めたりすることはできません。

休み

  • 雇用主は、労働者に週に少なくともXNUMX日の休息日を提供しなければなりません(労働基準法)。
休みと残業
  • 契約36(時間外労働契約と休日の労働)、会社が50%を超える労働者によって形成された独自の組合を持っている場合、自社を持たない会社に関しては、この組合と契約を締結する必要があります労働者の50%以上によって結成された労働組合は、雇用主が労働者の過半数の代表者と契約書に署名し、この契約書を労働基準監督署に提出しなければなりません。勤務時間外(残業)、または休憩時間に勤務します。 ただし、鉱山労働など、厚生労働省によって健康に有害であると指定された作業活動は、2日XNUMX時間を超えて労働時間を延長すべきではありません。
  • 規則によると、雇用主が法律で定められた労働時間を超過する場合、または休日(残業)に勤務する場合、雇用主は割合に応じて通常の給与の25%から50%の追加報酬の平均を計算して支払う必要があります法律により決定されます。
  • 雇用者が労働者に夜22時から午前00時まで働くように命じた場合、通常の賃金の5%の追加報酬を計算して支払う必要があります。
  • 特定のケースでは、労働者が社外でサービスの一部またはすべてを実行する必要があり、勤務時間の計算を計算することが困難な場合、この場合、会社が設定した時間内に正常に働いていたとみなされます。 ただし、その日の勤務時間が通常の時間を超えている場合、この場合、勤務を実施するために必要な合計時間は、大臣の命令により決定されるとみなされます。 (厚生労働省)。

有給年次休暇

  • 雇用主は、10か月以上連続して働く労働者、または雇用日から数えて出席の6%以上を有する労働者に、80日間に相当する年次有給休暇を付与しなければなりません。
  • 仕事に少なくとも80%の出席がない労働者は、休暇をとる権利がありません。
職場での事故-補償 欠勤
  • 労働者が仕事中に事故に遭ったり、仕事で生じた病気のために病院での治療を必要とする場合、雇用主は必要な費用の額に応じて労働者に医療費を支払わなければならず、治療に必要な費用の額も払い戻さなければなりません。
  • 治療後、労働者がまだ続編を持っている場合、雇用主は、続編の程度に応じて、平均給与に日数を乗じた値(法律で決定)を補償しなければなりません。
  • 病気に関連する医療や仕事の理由による医療の制限は、厚生労働省(労働省)が決定します。
  • 仕事中に事故を起こし、治療期間中に仕事や給料を稼ぐことができない労働者に、雇用主は基本日額の60%の給付を支払わなければなりません。
  • 補償金の支払いを受ける権利を破棄するか、契約を締結することは禁じられています。
  • 労働者の解雇は、退職金の支払いを受ける権利を変更しません。

コメントをどうぞ:

あなたのケイがあなたを待っています
ここに広告を掲載
ウェブサイトガイド
会社登録-ギア運河ジャパオ
クラブもくひょう新聞
Web Journal-コネクションジャパン