ひきこもり症候群-部屋を出ずに暮らす日本の若者

2019年XNUMX月公開。

ひきこもりとは、極端な国内孤立の行動を表す日本語の用語です。 政府のデータによると、日本では少なくとも50万人がこの状態に陥り、肉体的および社会的孤立と永続的な心理的苦痛の組み合わせで生活しています。

ひきこもりは一般に、13歳から39歳の若者であり、他の人との接触を避けるために完全に社会から引きこもります。

ひきこもりは、家族や部屋を離れて、何ヶ月も何年も家族以外の人から隔離されている人々を表すために使用される日本語です。 この現象は人口の注目を集めており、近年多くの記事が日本や他の場所の主流メディアに登場しています。

これらの人々の生活は、通常、基本的に寝室、テレビを見たり、ビデオゲームやインターネットで遊んだりしますが、最近の研究では、この病気の人の10%だけがインターネットを使って他の人と交流しています。

ひきこもりは日本で最初に記述され、日本文化に関連する症候群と考えられています。 しかし、近年ではいくつかの国で報告されています。 その原因は、個人的な失望、人々への恐怖、母親の過保護、学校の失敗、または何らかの心理的障害に関連している可能性があります。 日本人は彼らの文化のために孤独で内気な人々です。 また、一部の親は子供を非常に厳格に育て、この状況は投獄につながる拒否につながる可能性があることに留意する必要があります。 最も高い発生率は男性です。

孤立のプロセスは緩やかであり、人がますます自分の部屋に退き始め、友情に時間をかけることをやめ、勉強を怠り始めると始まります。

この現象は日本から来ており、日本文化に関連していますが、各国ごとに異なる特性を持ち、徐々に世界中に広がりました。スペインでは、この症候群は、閉ざされたドアとしても知られており、近年200症例を超えて蓄積しています。 日本では、影響を受けるのは数百万人です。

2007では、日本政府がひきこもり支援プログラムを実施し、ソーシャルワーカーは手紙、電話で連絡を取り、映画、広場、ショッピングモールに足を運んでソーシャルコンタクトを促進し、その結果、リスクを軽減しています。分離の状態。 これらのソーシャルワーカーは スーパーシスターズなぜなら、彼らは女性であり、この状況で多くの若い男性を育てることができるからです。

ひきこもりは日本で成長している現象です

コメントをどうぞ:

あなたのケイがあなたを待っています
ここに広告を掲載
ウェブサイトガイド
会社登録-ギア運河ジャパオ
クラブもくひょう新聞
ホステルブラガン
分類されたジャップ